泉房穂(明石市長)の家族(嫁・子供)は恐妻家で離婚した?子育ての際の親子ルールとは?

Pocket

兵庫県明石市の市長であり、明石市独自の少子化対策として全国で初の「5つの無料化」子供政策施策を実践された泉房穂(いずみふさほ)市長は、9年連続で人口増を成し遂げられ、国会の参考人招致され話題にもなっており、「未来ある子供のため」「こどもを核としたまちづくり」としての少子化対策を次々と実行し「明石モデル」として注目を集めている泉房穂市長ですが、泉房穂市長自身の家族(妻・子供)にも注目が集まっているようなので、家族のエピソードや独自の親子ルールがあるそうなので調査しました。

泉房穂の嫁の恐妻家エピソードと離婚したという噂は?

泉房穂市長はご結婚されていて妻がいることを明らかにされており、なぜか離婚したという噂があるようですが妻(嫁)とは離婚しておらず現在も婚姻中で、顔出しはされていないようですね。

泉房穂市長が離婚したという噂の出所は、明石市の施策の一つ「離婚後の養育支援」として、「養育費が支払われない場合、明石市が立て替えて支払う」という取り組みがあり、そこから検索ワード候補に「泉房穂市長 離婚」が出たことで、泉房穂市長が離婚したのでは?という噂が広がったのかもしれませんね。

泉房穂の恐妻家エピソード

2021年「ベストファーザー賞 in 関西」を泉房穂市長が受賞したことを妻にサプライズとしてお話されたそうですが、家事を頼まれ尻に敷かれている感じが伝わる面白エピソードをお話されています。

【ご家族】(夕食時の会話)
私「実は、ビッグニュースがあるんだけど・・・」
妻「えっ。また何かやらかしたの?」
私「そうじゃなくて、ベストファーザー賞に決まったって」
娘「それって、どっきりカメラじゃないの?」
息子「暴言大賞の間違いじゃない」
妻「じゃあ、ちょうどいいわ。ベストファーザーなんだから、あとの片づけと風呂掃除もお願いね。」
娘「じゃあ、洗濯も」
息子「おやつの買い置きもね」
私「・・・」

引用元:JLCA

泉房穂市長は過去にパワハラ発言など原因で、辞職した経歴があることから、「また何かやらかしたの?」と妻は言われたのかもしれませんね。

また、泉房穂市長の妻は子育てをする上で、政治家として活躍されている泉房穂市長に対して、1人の子の親であることの大事さも説かれたようです。

【奥様へ】
「国会議員や市長の代わりはいくらでもいるけど、この子らの父親はあなただけなんだから」
「政治家という仕事は好きじゃないけど、せめて「我が子に恥ずかしくない政治家」であってほしい」
妻から言われたことのある言葉である。
それらの言葉の意味するところを強く意識してきたつもりではある。

引用元:JLCA

市長(政治家)という仕事は注目を浴びて大変な仕事ではあり、プライベートで女性関係や金銭トラブルなどの不祥事は報じられることが多いことから、「我が子に恥ずかしくない政治家」ということをおっしゃられたのかもしれませんね。

泉房穂市長の嫁は、恐妻というよりは聡明でしっかりされている方なのでしょうね!

泉房穂は4人家族で子供は2人(娘と息子)

泉房穂市長のご家族は、「ベスト・ファーザー賞in関西」を受賞し恐妻家エピソードをお話された際に、娘と息子がいらっしゃることを明かされており、4人家族であることがわかります。

年齢や顔は公開されていませんが、第一子が長女で、第二子が長男であることがわかっています。

泉房穂市長の誕生日が1963年8月19日(2022年9月現在59歳)になるので、子供さんたちは20代後半~30代前半くらいではないでしょうか。

もしかすると、泉房穂市長は既に祖父なのかもしれませんね。

また、「ベスト・ファーザー賞in関西」を受賞した際に娘と息子からツッコミを受けていたので、フレンドリーな父親であることもわかりますね。

娘「それって、どっきりカメラじゃないの?」
息子「暴言大賞の間違いじゃない」
娘「じゃあ、洗濯も」
息子「おやつの買い置きもね」

引用元:JLCA

泉房穂市長の子育てルール

泉房穂市長は政治家明石市市長という忙しいお仕事をされているため、子供たちと夜に時間をゆっくりとることが出来ないことから、ルールを課していたいことをお話されています。

上の娘が3歳のころから、下の息子が中学に入るまでの14年間は、毎朝5時30分から6時30分までの1時間を「子どものためだけの時間」として過ごしてきた。子どもが小さなころは、積み木やパズルをしたり、おしゃべりをしたりしながら過ごし、子どもが小学生になってからは、学校の宿題を一緒にやったりしながら過ごした。

引用元:JLCA

14年間も時間ルールはしっかりと守り、少しでもお子さんと一緒に過ごす時間を大切にされていたようで、とても良い父親であることがわかりますね。

泉房穂市長は、休みがとりづらい仕事でもあるので日帰り旅行へお子さんを連れていってたそうで、子供たちには好評だったとか。

また、まとまった休みがとりにくく、家族旅行といっても、どうしても仕事の延長線になりがちであるうえに、子どもの行きたい場所とも限らないので、いわゆる家族旅行とは別に、「その子のためだけの日帰り小旅行」を、年に数回企画し、思い出のひとコマひとコマを重ねてきた。奈良や京都や鳥取砂丘などには何度も足を運んだし、安芸の宮島や伊勢神宮なども子どもには好評だった。

引用元:JLCA

泉房穂のプロフィールと経歴

  • 名前:泉 房穂(いずみ ふさほ)
  • 生年月日:1963年8月19日
  • 出身地:兵庫県明石市二見町
  • 活動期間:2011年〜 当選4回
  • 学歴:東京大学教育学部教育学科教育哲学・教育史コース卒業
  • 前職:NHK職員、弁護士、衆議院議員
  • 2003年:衆議院議員選挙に出馬
  • 2005年:衆議院議員選挙に出馬
  • 2011年:明石市長選挙にて初当選
  • 2021年:ベスト・ファーザー賞in関西を受賞

泉房穂市長は代々漁師を生業とする家庭に育つ中で、地元の進学校の明石西高校を卒業後、東京大学に進学され卒業後はNHKに入局し、退職後は石井紘基民主党衆議院議員の秘書を経て、司法試験に合格後、弁護士事務所を開設。

2003年衆院選に民主党公認で初当選したものの、2005年の衆院選では落選してしまいます。

その後、2011年に明石市長に無所属で出馬し、69票の僅差で当選し2022年現在も現任として活躍されています。

泉房穂市長、明石市の子供対策と5つの無料化

泉房穂市長は明石市の子供政策として注目されている5つの無料化を実践されています。

  1. こども医療科無料(高校3年生まで)
  2. 第2子以降の保育料完全無料(親の収入などの条件なし)
  3. 0歳児の見守り訪問「おむつ定期便」でおむつやミルクなどの子育て用品を毎月届ける
  4. 中学校の給食費無料(所得制限なし)
  5. 公共施設の入場料無料(プール、博物館、科学館、親子交流スペース)

また、泉房穂市長の明石市の取り組みが注目され、参考人として国会招致されました。

  • 中学生までのこども医療費の無料化離婚後のこども養育支援
  • 無戸籍者に対するサポート事業
  • 第二子以降の保育料無料化
  • 離婚後のこども養育支援(養育費や面会交流についての取り決め)
  • 中学校給食を所得にかかわらず完全無償化
  • 性的少数者(LGBTなど)のカップルを婚姻相当とし、その子供との親子関係も自治体として認める「明石市パートナーシップ・ファミリーシップ制度」の導入

泉房穂市長の取り組みの成果として「6年連続人口増」「税収が平成24年比較で21億円アップ」などさまざまな結果を残されています。

まとめ

画像引用元:笑顔のタネあかし。

日本では2人に一人が50歳以上という少子化現象が起こっている中、これから子育てを考えられている方は明石市での暮らしを検討しても良いかもしれませんね!

今後も泉房穂市長が活躍されることを応援したいですね!

(Visited 41 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)