西川史子は現在(2022年)リハビリを経て退院して医者に復職!【画像】芸能界の復帰は?

Pocket

ミスコンテストを受賞するほどの美貌の持ち主でありながら、医師でもある才色兼備な高飛車キャラで、医師タレントとして活躍されていた西川史子さんは、2021年8月に右脳内出血のため緊急手術を受け、長期入院から2021年12月2022年現在は無事に退院された西川史子さんの現在の様子を調査しました。

西川史子は現在(2022年)美容クリニックで医師として復職している

西川史子さんは現在、右脳内出血発症後から、周りの方に支えられリハビリ以外の生活の様子をInstagramに投稿されていましたが、無事に勤務先であるシロノクリニックに復帰から初出勤されたこともあげられており、恵比寿にあるアトリエクリニックにも勤務されているそうです。

2022年5月16日には施術しているところを自身のInstagramに投稿され、現場復帰をしたことを報告されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿

白衣姿の格好良い西川史子先生の姿を拝見でき、施術をできるまでに回復されて本当に良かったですね!

退院後は友人と楽しむ姿や感謝の気持ちをSNSに投稿している

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿

西川史子さんは、入院前は飼っている愛犬(ココちゃん)の写真や風景、食事を投稿されていることがほとんどでしたが、退院されてからのInstagramでは、友人や医師関係者との画像写真が多く投稿されており、周りの方への感謝の気持ちや、友人に対してはお節介でも優しくすることの表明などを投稿されており、大きな変化があったことがわかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿

医師として豊富な知識がある方が、多くの辛い経験をされ同じように苦しんでいる方々の気持ちを汲み取ることができるという頼もしい友人ですね。

また、西川史子さんご自身でも退院されてからは、3食きちんと食べ、朝昼晩と血圧を測るなどされ再出血の予防と規則正しい生活を送られているようです。

現在も高い美意識で相変わらず綺麗

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿

西川史子さんは、退院後に美肌治療を受け「ツルツルになります」と投稿されており、現在はInstagramにツルツルになっているところが投稿されています。

画像引用元:西川史子Instagram

美容医療や整形外科に勤務されているだけあり知識もあるでしょうから、本当にツヤツヤのツルツルになっておられ元気になったことが確認できますね!

西川史子は右脳内出血で緊急手術後に長期入院とリハビリをしていた

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿

2021年8月17日に西川史子さんが自宅で倒れているところをマネージャーが見つけ、都内病院に緊急搬送されたことが、所属事務所によって報道されました。

タレントで医師の西川史子(50)が17日に右脳内出血で手術を受けていたことを19日、所属事務所が発表した。

西川は17日午前9時に勤務先の病院に出勤するはずだったが同10時になっても連絡が取れなかったため、病院からマネジャーに連絡。同日正午、マネジャーが警察立ち会いのもと、西川が1人暮らしする自宅マンションの部屋に入室。リビングで倒れている西川を発見した。西川は意識はあって会話もでき「朝、入浴後に異変を感じ、倒れてしまった」と話していたという。

引用元:日刊スポーツ

脳出血とは?

脳出血とは、「脳卒中」の症状のひとつです。脳に張り巡らされた血管に障害が起こる病気で、多くの場合は激しい頭痛を伴い、半身の麻痺などが起こります。

脳出血の直接の原因は、文字通り「出血」です。脳の血管が破れて血液があふれ出し、固まって「血腫」となって周囲を圧迫し、脳細胞を破壊してさまざまな症状を引き起こします。

引用元:再生医療・幹細胞治療BTR アーツ銀座クリニック

西川史子が入院から現在にまでに何があった?

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿

西川史子さんが右脳内出血で倒れてから現在までに報道されていることを時系列順に調査しました

  • 2021年8月 自宅リビングで倒れている所をマネージャーが発見し右脳内出血のため緊急手術され入院。
  • 2021年9月 リハビリ専門病院に転院
  • 2021年12月 退院(当時の現状:左半身麻痺は完治せず)とリハビリ。
  • 2022年2月まで1か月間はリハビリに集中

しかし、2021年12月に西川史子さんは、退院を報告されたものの左半身の麻痺はまだ完全ではないことを報告されていました。

「私の容体ですが、左半身の麻痺はまだ完全によくなってはいません。当初はほとんど動かなかったのですが、リハビリによって身の回りのことは自分でできるようになりました。まだまだ不自由はありますが、今の自分の身体をしっかりと受け止め、医師として向き合いながらさらに身体機能の向上を目指してまいります」と報告した。

引用元:日刊スポーツ

入院中にはリハビリの現状などをInstagramに投稿され、田中みな実さんが自身がプロデュースされているガードルを持ってお見舞いに来てくれたことを報告されニュースにもなっていました。

田中みな実は整形で可愛いくなり顔が変わった?疑惑の目鼻や顔を昔の画像と比較検証!

2021年9月19日

美のカリスマと言われている田中みな実さんとは、美容仲間としてプライベートで仲が良いのかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿

入院から年が明けて西川史子は、2022年になり1月~2月には1カ月間は慶応病院にてリハビリに集中したことを報告されており、「手ごたえのある結果が出た。」と順調に回復に向っていたようですね。

西川史子の左半身麻痺の後遺症は現在(2022年)も残っている?

西川史子さんは2022年6月現在、医師として復職を果たし施術もできるようになっていることから、後遺症は残っていないでしょう。

2021年12月に西川史子さんのInstagramにて退院報告がありましたが、「左半身の麻痺はまだ完全によくなってはいません。」と投稿されていたことで、現在も後遺症が残っているのでは?と噂されているようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿

西川史子さんは、医師に復職されシロノクリニックでの勤務を終えたことなどを報告され、勤務できていることから現在も後遺症が残っているという噂はデマでしょう。

西川史子が監修している枕がある

2021年7月に右脳内出血で倒れる前ですが西川史子さんは「プレミアムドクターピロー」という枕を監修されており、西川史子さんご自身も不眠で悩んでいた所に自分のために作った枕なんだとか。

むやみやたらとPRする商品は怪しく感じてしまいますが、医師である西川史子さんが監修されているとなると説得力が違いますよね。

楽天ランキングでも3冠と獲るほど買われているようです。

西川史子は芸能界への復帰を考えている?

現在は無事に医師として復職するほどに回復された西川史子さんは、芸能界への復帰を考えているのでしょうか?

2019年の3年前になりますが西川史子さんは、「KUDEN」に登壇され、自身の生い立ちと素をさらけ出すスピーチを行われていました。

スピーチでは「可哀想な人と思われたくなかった人になってしまっていた。今では患者に寄り添うことができる。これからは医者の比率を増やし、一日一日を丁寧に生きていきたい」とおっしゃられていました。

西川史子さんは、3年前から既に医者の仕事を主にしていくことを決められていたので、芸能界での活動は控えておられるのでしょうね。

もし西川史子さんに何かあったとしても、同じクリニックに勤務されていて美容系YouTuberとしても活躍されている内科・皮膚科医の友利新さんが面倒を見るとおっしゃられていますのでメンタル面でも安心されているかもしれませんね。

まとめ

美人高飛車キャラで医師タレントとして活躍していた西川史子さんが、右脳内出血から退院後、現在(2022年)どうされているのか調査しました。

無事に医師として施術ができるまでに復帰ができるようになり本当に良かったですね!

西川史子さんが、沢山の患者さんに寄り添い悩みを解決できる医師として活躍されることを応援しています!

(Visited 941 times, 11 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)